免許証のトラブル対処法

免許証は身分証明書として使うことができるため、無くしてしまうと悪用されてしまう危険が高くなります。探しても見つからない場合には、まずは警察へ遺失届を出します。最寄りの交番で出すことができて、できる限り詳しく無くしたと思われる日時や場所・状況などを詳しく伝えておくことが重要になります。

誰かがお金を借りたりクレジットカードを作成するのに使ってしまわないように、個人の信用情報登録会社に連絡を入れておくことも忘れてはいけないことで、契約が成立する前に信用情報機関に必ず身分証明書の情報が正しいかブラックリスト入りしていないか確認が入るので、連絡を入れておけば不正に使われる心配が無くなります。信用情報機関一か所に連絡を入れておけば情報は共有されているので、銀行や消費者金融・信販会社など種類を問わず悪用されるのを防げます。

運転免許センターで再交付の手続きを行うことで、紛失してから見つからなくても新たに発行してもらったもので車の運転などを行えるようになります。再交付に必要な書類等を揃えていく必要があるため、運転免許センターに直接連絡するかサイト上で確認を行っておくと良いです。身分証明書としては保険証やパスポート・住民票などを準備することになります。

Comments are closed.