仮運転免許の役割と内容

自動学校にて所定の学科試験と実技試験に合格すると取得できます。
試験内容はどちらも基本的な内容ですので、真面目に自動車学校の授業を受けていれば問題なく合格できます。何度も不合格になると追加料金を取られてしまうこともあるのでご注意下さい。
仮運転免許を取得することで、普通自動車運転免許を取得済の者をが同乗すれば公道で車の運転を行うことができます。
なので、自動車学校では仮免許を取得した後に教官と共に路上実習を行います。
また、仮免許では隣に自動車学校の教官が乗っていれば路上で運転することができないと思ってしまっている方も多いですが、同乗者は免許を持っている人なら教官でなくても大丈夫です。車も教習用のような助手席にもブレーキがついているような特注のものでなく普通の乗用車で問題ありません。
教習中だけでなくプライベートでも自動車運転免許を持っている人が一緒に車に乗っていれば車の運転を行うことができるので、家族や知人にお願いして運転することもできます。
その際には、試験合格後に発行される仮運転用の免許証を必ず携帯して下さい。持たずに運転してしまうと普通自動車運転免許と一緒で免許不携帯で取り締まられてしまいますのでお気をつけ下さい。

Comments are closed.