第二運転免許とは?ちゃんと知っておきたい基礎知識

車を運転する時に必ず持っていなければならないのが運転免許です。
運転免許と一口に言っても色々な種類が存在していて、車以外にも機械装置や設備に関してなども存在します。
しかし、一般的に免許と言えば車の運転免許を指す事が多いです。
その車の運転免許にも種類が存在していて、最も所持している人が多く一般的な免許が第一種免許です。
自家用自動車などを運転する際に必要なものですが、荷物の運搬などに関してもこの免許で可能です。
そしてもう一つが第二種運転免許です。
第一種との違いがどこにあるかと言うと、旅客自動車を旅客運送のため運転しようとする場合や運転代行業などを行う際に必要な免許がこの第二種になるのです。
つまり、人を乗せて報酬を得るという業務を行う際には第一種では不可であり、第二種が必要という事になります。
具体的には、バスやタクシーなどの運転や運転代行の業務として顧客の自動車を運転する場合などになります。
第二種免許に関しても、第一種と同様に大型・中型・普通・大型特殊・けん引二種と車の大きさによって必要な免許が変わります。
また、第一種よりも第二種の方が取得の際の条件等が厳しく定められていて、基本的に第一種免許を取得してから3年以上経たないと取得出来なくなっています。

Comments are closed.