運転免許証の歴史

 雲02日本の運転免許証は日本の国内を自動車、原動付自電車で、運転することが、認められた、免許です。国家公安委員会、警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格となっています。日本では1903年に愛知県で乗合自動営業取締規則が制定され、その後10年ほどで、すべてのと都道府県で自動運転制度が義務化されたました。乗合自動車は現在のバスのようなものです。イギリスでも日本と同じ1903年に転免許証が発行されました。フランスではその十年前に発行されていました。一方アメリカでは、1909年でも東部12州と特別区だけが、運転免許を義務づけられていました。日本の昔の免許は木版でした。1945年戦争の影響で、免許取得年齢が引き下げられ、18歳から15歳になり、小型車に至っては、口頭試験だけになりましたが、戦争が終わって解除されました。1947年にはそれまでにはいらなかった、2輪車にも免許制度ができました。1965年、現在の免許制度の原型が、出来上がりました。それまで、分かれていた、小型自動免許、三輪自動免許が普通免許に統一されました。細かく分かれていた、2輪車も統合されていきました。1973年に今のようなカラーの免許証が、出来上がりました。雲01